« WF2017冬について | トップページ | R-99 "LAST・DANCER" および R-100 "CURTAIN・CALL"について »

2017-02-20

WF2017冬について(その2)

R-100 Curtain・Call

WF2017冬が終了しました。今回もありがとうございました。

今回販売物について不備・破損その他何か問題ありましたら早めに確認のうえご連絡いただけると助かります。パーツ欠損などの場合は、 シリコン型管理の都合で後からだと対応が難しくなります。

次回は「R-101 "Grand Finale"」を新規として加え「R-Type FINAL」の究極互換機3機種が並ぶ予定です。またR-99、R-100についても様子をみつつ暫くの間は再販を続ける予定。よろしくお願いいたします。

R-99 Last・Dancer

R-99 Last・Dancer

オリジナルの「Σignal Sz-114」については、在庫が少量残るのみなので以降に関しては不透明ですが、この系列の架空要撃戦闘機は続けていくつもりなので、気長にご覧いただけると有難く思います。

また今回ワンオフの展示のみだった「イングリッシュ・エレクトリック・エクスキャリバー」(やはりと言うべきか、お客さんは皆ライトニングとしか呼んでくれませんでしたが…)については、次回ガレージキット化して販売の方向で考えております。

Σignal Sz-114

« WF2017冬について | トップページ | R-99 "LAST・DANCER" および R-100 "CURTAIN・CALL"について »