« 最近の写真まとめ | トップページ | RMI M1A4 "ジャガーノート"(その2) »

2018-03-12

RMI M1A4 "ジャガーノート"

M1A4 ジャガーノート

 小説「86-エイティシックス-」から、有人搭乗式自律無人多脚機甲兵器・M1A4 “ジャガーノート”です。

 作中では徹底して「駄作機」として描写されつつそれでいて独特のケレン味に溢れる存在で、以前より作ってみたかった機体です。

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

 スケール1/72、砲を含めた全長は122mm。「武装を除く全高2.1m」という諸元から全体/各部のサイズを割り出して製作。

 原型はいつものとおりプラ板工作→レジンキャスト複製していますが、今回は完全自家用キットなので(※販売の予定はありません)おおまかな造形が済んだ時点でパーツを成形→さらにディテールアップしつつ組み立てました。

M1A4 ジャガーノート

↑歩脚および格闘用サブアームは固定式ですが、背部ガンマウントアームは可動部分を仕込んであります。主砲・57mm滑腔砲の駐退復座機と閉鎖器も可動します。

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

↑↓滑腔砲の砲身は精度と強度が必要なので2mm径の真鍮パイプをインサートして成形。内径はほぼスケールどおりの0.8mm。

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

↑↓背部ガンマウントアームから滑腔砲を取り外した状態。

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

↑胴体前方・下部の円筒形パーツはパワーパック。左右の格闘用サブアームとそこに装備する高周波ブレードは全体的に設定画よりも幅詰めしたレイアウトとしてあります(前脚を正面に振り出せるようにするため)。

↓高周波ブレードの内側に付いているのはワイヤーアンカー射出機。

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

M1A4 ジャガーノート

« 最近の写真まとめ | トップページ | RMI M1A4 "ジャガーノート"(その2) »